| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |

晴れのちニャンコ日和(別館)しっぽのないニャンコ<すもも>の写真日記。

突然始まる物語・9 2008.04.24 Thursday
すももは、自分の流した涙でいっぱいになった池が今度は溢れ出さない様に、一生懸命池の水を飲みました。

その時です。
「もし?・・・もし?・・・もしもーし!」
どこかから、声が聞こえてきました。


声の主は「沼主様」でした。




カエルのおじさんのプチ情報のコーナー♪
いやいやいや〜わしのファンがいるらしいので、またまた登場じゃ。タイトルロゴがないのがちと不満なんじゃが・・・。
おっと、忘れるとこじゃったわい。沼主様というのは、沼の神様なのじゃな。で、沼は森で唯一の水源で、森の生き物にとっちゃ一番大切なんじゃ。沼を司るということは、つまり森を司る神様っちゅうわけなのじゃ。神様といっても、なかなか姿を見せない・・・なんてことはなくてじゃな、しょっちゅう岩場で甲羅を干してる姿を見ることが出来る気さくでとっても人間味のある神様なのじゃよ。・・・って、この風貌で「人間味」っていうのも笑っちゃうがな(爆)
ヌマヌマイェ〜♪



「そなた、今沼に何か落としませんでしたか?」
「えーっと・・・」
すももはマーガレットおばさんにもらったピンクの実の首飾りを落とした事に気づいていなかったので、正直に答えました。
「いいえ沼主様、なにも落としてません〜」

沼主様は手招きをして、すももに近くに来る様呼びました。そして小声で、


「それじゃ色々困るんですよ!もう用意しちゃってんですから!」

何故か沼主様はご立腹なので、仕方なくすももは改めて答えました。
「はい。落としました!」
すると沼主様は厳かに尋ねたのでした・・・。


「そなたの落としたのは、金のカリカリですね!
あ、それとも銀のカリカリ?はたまた普通のカリカリでしたか?」

沼主様ってなんて酷い神様なのでしょう!
落としてもいない品々を並べてすももを試しているのです!
けれどすももはこうみえても正直な猫です。
困ったらとりあえず寝るけれど、お腹いっぱいになったらとりあえず寝るけれど、出会ったらとりあえず他人の足の臭いを嗅ぐけれど、すももはとっても正直で素直なのが取り柄なのでした。

すももは答えました。













「全部落としましたー!!」


「りありぃ〜?」
「・・・えっと・・・それは・・・」


「嘘です。ごめんなさい。本当は何も落としていません。」

沼主様は大層嬉しそうに言いました。
「そうですか。試してすみませんね。これ、一度やってみたかったんです。
けれど、そなた、本当に何も落としていませんか?」
そう言われて改めて身の回りを確かめたすももは、そこでようやく気づいたのです。
「あ!大変!落とした物がありました!」

「そうですか、やはりそなたがおとされたのですね。」そう言ってピンクの実の首飾りを取り出しました。けれど沼主様はそれをすももに返そうとはせずに、
「このピンクの実を私に譲ってくれませんか?」とすももに尋ねたのです。
すももは即座に答えました。


よく言えば「欲のない」、悪く言えば「その日食べるものがあってたっぷり寝られたら幸せ」なその日暮らしのすももはそう言って、あっさり承諾したのでした。
「この実は何か知っていますか?」
沼主様はすももに木の実について話してくれました。
「この実はですね、古代からこの森の・・・・・・」


カエルのおじさんのプチ情報のコーナー♪
またまた登場〜!今日は出番が多いわい〜。
沼主様は話が長いのでわしが説明しよう〜。この「みんなの実」は昔この森にいっぱい生えとったんじゃな。「みんなの実」は魚でも鳥でも動物でも虫でも、生き物なら誰でもこれを食べることができる万能の実なんじゃ。だから「飢饉や災害時にこれさえあればとっても便利〜」な実なんじゃな、しかし、水が減って育たなくなった上最後の実をこともあろうか例のいたずら小人が根こそぎ喰っちゃったんだな。まあ。これしか食べられない生き物はいないので、どうってことはないんじゃが、この実が育ってないと「森は100年後には必ず滅びる!」って沼主様は言い張るんじゃ・・・わしゃ100年も生きんし、好物のみたらしだんごさえあったら別にどうでもええんじゃがな〜わっはっは



そして沼主様は「もしこの実を譲ってくれたら何でも願い事を叶えてあげるから何か一つ言って下さい」とすももに言いました。


すももは少し考えました。

そしてお願い事を伝えました。


「では、沼主様。お願いがあります。雨を降らせて下さい」






いいのかそれで!すももー!

つづく

-------------------------------------------------------------
「ネジのあしあと日記」のネジさんがコメント欄でステキなお話を作ってくれたので、ただ今その続きを創作中です。
| 突然始まる物語 | comments(5) | - | posted by mikinyan -
Comment








すーたん、雨よりもまずは
自分の体を元の大きさに戻してもらわなくて
いいの〜?!
次回がどうなるか早く読みたいです♪
posted by みゃーご | 2008/04/25 2:52 PM |
沼主様、一回やってみたかったんだ(苦笑)

それにしてもすももちゃん、それでいいのか〜?
まさか・・・雨が降って森中の植物が育ち、どんな魔法やのろいも解けてしまう大変珍しい木の実もすくすく育って見つかるとか???
posted by nejinoheya | 2008/04/25 10:27 PM |
ちょっとちょっとmikinyanさん、本当に創作?本当にグリム童話とかにありそうな話ですよね〜。
すーたん、なんて優しいんだろう・・・。うっ(;w;)
本当に結末が楽しみだー。

個人的には「ぜんぶでーす」のすーたんで爆笑しました。
かわいすぎ!
posted by 奈々 | 2008/04/26 5:33 PM |
すももちゃーん(;・∀・)
雨でいいの〜!?
でもそのかわいい表情で言われたら、沼主様も雨降らしちゃうね〜。
posted by シッポサキマルマリ | 2008/04/27 11:13 AM |
>みゃーごさん
そうですよねー!誰だってそう思いますよね〜。
なのにすももったら・・・
その訳は次回をお楽しみに〜(そこには腰砕けな訳が・・・)

>ねじさん
そそ、これは沼に住む者なら誰でも一度やってみたいと思うはず〜(笑

あー!!それもいいかもー!
先に聞いておけばよかった〜

>奈々さん
なんか日本昔話とイソップとグリムとデズニイがミックスされた・・・「日本イソグリニィ物語」に仕上がってしまってます(爆

そして、すーたんの優しさの真相が今夜つまびらかに・・・!!

あ、よかった〜。「ぜんぶでーす」の顔は今話のメインなんです(笑
なんせこの顔が撮れてしまったので、これを中心に今話ができたという・・・

>シッポサキマルマリさん
なんでこのまたとないチャンスに「雨〜」っていっちゃうんでしょうね〜(笑
それはね・・・むふふふ

posted by mikinyan | 2008/04/29 12:49 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>